社会医療法人さくら会 さくら会病院

文字サイズ
標準

内科

高血圧・糖尿病をはじめとする生活習慣病のコントロール、麻酔術後や肺炎等を主とする全身管理、さらに脳神経外科、整形外科入院患者さまの内科疾患管理や合併症併発時の治療を両科と協力し行っております。

当院の内科診療について

我が国の高齢現象は、当院も同じです。高齢者の疾患は、単一疾患ではなく多岐にわたる複合疾患です。特に多い食生活の欧米化に伴う高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の管理、また発熱などの急性疾患の外来・入院診療も行っています。

脳神経外科・整形外科の入院患者さまの術前術後および急性期一般病棟から回復期リハビリテーション病棟までの入院期間中の基礎疾患のコントロール、また肺炎や心不全などの合併症の発症時の治療も担当医と協力して行っております。

スタッフ紹介

医師名 岡田 徹(おかだ とおる) okada.jpg
役 職 内科医長(一般急性期病棟担当)
資 格 日本内科学会認定医
日本内科学会 総合内科専門医 
医師名

宮本 恭子(みやもと きょうこ)

P1050011.JPG 
担  当

内科(回復期病棟担当)

資 格

日本糖尿病学会専門医
総合内科専門医
超音波専門医
日本内科学会認定医

医師名

田中 麻希(たなか まき)

.jpg 
 資格

 日本内科学会認定医

 

 

当院の医療設備

内視鏡システム 内視鏡用炭酸ガス送気装置
1.jpg

.jpg     

先進の画像処理技術により、精度の高い診断が可能なフルデジタル電子内視鏡。上部消化管(食道、胃、十二指腸)と大腸を観察し、病気の早期発見に有効な検査です。 大腸内視鏡検査を受ける患者さんの膨満感からくる苦痛を緩和することが期待でき、よりスムーズで、安全な検査をサポートします。