社会医療法人さくら会 さくら会病院

文字サイズ
標準

リハビリテーション科

私達は急性期から回復期に特化した医療の提供と、維持期まで一貫したリハビリサービスの提供、リハビリテーション医療の質の向上(技術、知識・速さ・効率性)を目指します。

当院のリハビリについて

当院では回診および多職種間カンファレンスを定期的に実施し、メディカルスタッフ間のきめの細かい連携を図り、包括的なチームアプローチを実施しています。

また南河内圏域の大腿骨頚部骨折・脳卒中地域連携クリティカルパスに参加し、地域での切れ目ないリハビリテーションの提供を目指しています。

主な対象疾患と治療法

脳血管疾患:くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、頭部外傷など

整形疾患:大腿骨頸部骨折、人工関節置換術、圧迫骨折、脊椎疾患など

神経内科疾患:パーキンソン病、脊髄小脳変性症など

内科疾患:肺炎後廃用症候群など

  1. 理学療法とは
    医師の指示のもと理学療法士等が病気や怪我(外傷)などにより身体に障害を持った方に対し、主としてその基本的動作能力の回復を目的に、治療体操その他の運動(運動療法)、あるいは電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること(物理療法)、日常生活活動訓練を行うことです。
  2. 作業療法とは
    医師の指示のもと、身体または精神に障害のある方、もしくはそれが予測される方に対してその主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持及び開発を促す作業活動を用いて行なう治療、訓練、指導及び援助をいいます。
    主に巧緻性、ADL(日常生活動作)、上肢の運動機能、高次脳機能の向上を目的としたものです。日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。
  3. 言語聴覚療法とは

    医師の指示のもと、言語聴覚士が聴覚・嚥下・発声・構音の機能回復や獲得のための指導と訓練のお手伝いをします。
    病気、事故による外傷や手術、発達上の問題によって、ことばによるコミュニケーションに問題が生じたり、食べ物の飲み込みに問題が起こることがあります。
    普段、私たちが日常生活を送る上で欠かすことのできない、ものを聞き、声を出してことばとして相手につたえることに関わる障害、あるいは、飲み込むことに障害のある方々を対象として、これらの機能の獲得や改善、能力の回復と拡大を図り、よりよい日常生活を送ることができるよう支援することが言語聴覚療法です。

チームアプローチの実践

さまざまな専門職スタッフが社会復帰・在宅復帰を支援します

当院では多職種によるカンファレンスで患者さまの目標を設定し、その達成に向けてそれぞれの専門職スタッフがさまざまな取組みを行っています。

●入棟カンファレンス(入棟時)
 
患者さまの状態や入棟までの経緯をチームで確認・共有し、今後の目標を設定する。

●リハビリ回診・病棟カンファレンス(週1回)
  リハビリ
の進捗や患者さまの状態を把握する。また、それぞれの専門職スタッフからの視点で評価する。

●リハビリ栄養カンファレンス(週1回)
 
栄養状態の把握とリハビリ活動量に合わせた食事提供・栄養補給方法について検討する。

●退院前カンファレンス(退院時)
 
退院後の生活環境調整・必要な介護サービスについてケアマネージャーなどの在宅チームと一緒に
 検討・決定する。

1.jpg

 

スタッフ紹介

医師名 川合 省三(かわい しょうぞう) 川合 省三
役 職 副院長
資 格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定医 
医師名 金子 彰(かねこ あきら) 金子 彰
役 職 リハビリテーション科部長
資 格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会指導医
日本抗加齢医学会専門医
義肢装具適合判定医
日本医師会認定産業医 
医師名 田中 敦子(たなか あつこ) 田中 敦子
役 職 内科医長(回復期病棟担当)
資 格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本医師会認定産業医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会指導医  
C.JPG

リハビリテーション専従医師 1名 専任医師 2名
理学療法士 31名 作業療法士 18名 言語聴覚士 14名  計 63名

(平成29年12月現在)

当院の医療設備

随意運動介助型電気刺激装置
.jpg
治療器側からの一方的な電気刺激で治療を行うこれまでの低周波治療器とは異なり、装着した患者様の脳から麻痺部に発信されるわずかな運動指令を読み取り、それに合わせた適切な電気刺激を出力して動きをサポートすることが可能です。非麻痺側の動きを検知し麻痺側に同じような運動をもたらすことや、歩行センサを装着することで歩行の立脚期に足関節背屈を促すことも可能となります。
体成分分析装置(インボディ)
.jpg

細胞の電気抵抗の違いから、部位別水分量を測定し水分管理・浮腫の評価が可能。又、骨格筋量の測定も可能で筋量の減少を栄養状態の評価に活用。他にもミネラル・脂肪の測定も可能です。リハビリ効果を最大限に発揮するために、活動量や体の状態を正確に評価し適切な栄養補給の提案を行います。

新館1階のリハビリテーションセンターは、理学療法スペース[約344m2]、作業療法スペース(ADL室、個室、防塵室含む)[約195m2]、言語聴覚室(個室・集団室)[約70m2]から構成されています。

理学療法部門(約344m2
理学療法部門 理学療法部門
広々とした明るいフロアです。 患者さまの状態に応じて、様々なリハビリを行います。
作業療法部門(約)195m2/ADL室・個別療法室・防塵室含む)
作業療法部門 作業療法部門
2DKのマンションをそのまま再現した部屋で退院後の生活環境を想定した訓練を行います。 身の回りの日常動作などの練習を行います。
言語聴覚部門(約70m2/個別療法室4室・集団療法室1室)
言語聴覚部門 言語聴覚部門
言語聴覚室として個室4室、集団療法室1室が設置されています。 主に言葉を発する訓練や食べ物を飲み込む訓練を行います。

施設基準等

採用ページへ
リハビリテーション科募集