社会医療法人さくら会 さくら会病院

文字サイズ
標準

令和元年度 さくら会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 3 12 10 13 53 75 182 365 322 89
70歳台の患者数が最も多く、70歳以上で全体の70%近くを占めています。令和元年度も、当院での急性期入院医療は、高齢者が中心となっています。今後も高齢者の患者数が増加していくことが予想されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 13.5   5.88 75.96  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 11.17   5.17 69.98  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 56 27.52   1.79 70.36  
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 39 3.23   0 72.49  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 30 9.3   0 74.13  
令和元年度の当院脳神経外科では、頭蓋・頭蓋内損傷関連での入院症例が、昨年度に引き続き最も多い結果となりました。平成29年度までは脳梗塞症例が第1位であったことを考えると、ここ数年で変化が見られます。平均年齢も75.96歳と高齢であり、高齢者の転倒などによる頭部外傷が増加傾向にあるといえます。また、脳梗塞関連については、脳梗塞患者の約92%が発症から3日以内に治療を開始できており、頭部外傷とともに当院が救急診療体制の充実に力を入れてきた結果であると考えます。また、リハビリテーションについても早期から介入し、適切な時期に回復期リハビリテーション病棟への転棟も行い、急性期から回復期まで一貫したリハビリテーションを行っております。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 43 68.6   16.28 80.77  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 25 45.52   16 78.64  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 24 37.54   0 76  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 21 17.52   0 67.95  
160820xx97xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 その他の手術あり 13 18.85   0 56.77  
令和元年度の当院整形外科では、大腿骨頸部骨折に代表される下肢の骨折症例が多く、続いて脊椎の圧迫骨折、第4位にも橈骨遠位端骨折など手首の骨折が入っています。平均年齢も非常に高く、高齢者の転倒などに起因する症例であり、これらは救急搬送から多く受け入れています。また、変形性膝関節症などの変性疾患に対して人工関節の置換術を行う症例も症例数が多く、第3位となっています。手術などの急性期治療の後、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、在宅復帰に向けたリハビリテーションも行っています。
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 30 2   0 61.4  
               
               
               
               
当院内科では、睡眠時無呼吸症候群の検査入院の件数が最も多くなっています。睡眠時無呼吸は高血圧などの生活習慣病を引き起こす要因と指摘されており、さらには脳血管疾患のリスクとも言えるため、脳神経外科との連携も図りながら検査・診断・治療を行っています。
救急部
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 13 11.15   0 78.69  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9 32.67   22.22 83.44  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9 17.22   11.11 81.44  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 8 3.88   12.5 68.75  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 8 24.38   0 68.88  
当院救急部では、一過性脳虚血発作や脳梗塞の症例が多くなっています。救急搬送患者の対応を中心に、点滴治療などの保存的治療を行っております。症例によってはt-PA治療と呼ばれる急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法も行う体制を整備しており、脳卒中治療の救急診療体制の充実を図っております。また、近年は高齢者の肺炎などの救急搬送も多く受け入れており、脳血管疾患にとどまらず、救急応需体制の充実を図っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌                
大腸癌                
乳癌                
肺癌                
肝癌                

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症      
中等症 1 11 76
重症      
超重症 1 49 97
不明      
 
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 235 33.92 76.02 9.38
その他 21 39.57 70.62 0.78
脳梗塞患者の約92%が発症から3日以内に治療を開始できています。救急搬送による入院が多く、平均年齢も76.02歳と高齢化しています。急性期治療後は、当院の回復期リハビリテーション病棟へ転棟し在宅復帰に向けてリハビリテーションを行いますが、転院率9.38%にあるように、他院へ転院される症例も存在します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 0.28 14.81 5.56 78.08  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 24 5.67 8.88 0 72.04  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 11 0.82 92.00 9.09 67.91  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 8 0.38 73.25 12.5 78.88  
K1742 水頭症手術(シャント手術) 6 8.00 37.83 0 73.33  
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する手術が第1位となっていますが、前年度より大幅に症例数が減少しました。代わりに、内頚動脈狭窄症に対するステント留置術が症例数を伸ばしています。血管内治療の専門医がこの手術に力を入れており、今後も救急応需体制とともに力を入れていく診療になります。そのほかに経皮的脳血栓回収術も血管内治療の領域の手術であり、症例数を伸ばしています。また開頭の手術でも脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術の実績もあります。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 31 6.97 61.45 12.9 81.39  
K0821 人工関節置換術(膝) 30 3.33 38.70 0 74.73  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 20 1.30 7.70 0 62.95  
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(膝蓋骨) 13 1.62 10.46 0 58.85  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 3.46 58.15 15.38 79.69  
令和元年度の整形外科では、高齢者の転倒による大腿骨の骨折に対する手術、次いで、変形性膝関節症対する人工関節置換術、その他は骨折手術に伴う抜釘術が多くなっています。また、件数は少ないですが脊柱管狭窄症やヘルニアなどに対する脊椎手術も行っており、救急だけでなく、脊椎手術や膝関節手術については他院からの紹介も多く受け入れています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一    
異なる    
180010敗血症同一    
異なる    
180035その他の真菌感染症同一    
異なる    
180040手術・処置等の合併症同一 4 0.36
異なる    
 
更新履歴
2020/9/29
令和元年度 さくら会病院 病院指標を公開しました。